becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

「核ゴミを持ち込ませない北海道会議」の設立について(案)

「核ゴミを持ち込ませない北海道会議」の設立について(案) 10月8日、寿都町の片岡町長は高レベル放射性廃棄物最終処分場の文献調査に応募すると表明しました。さらに9日神恵内村の高橋村長が国からの文献調査の申し入れを受諾することを表明しました。北…

「泊原発を再稼働させない・核ゴミを持ち込ませない北海道連絡会」のお知らせ

「泊原発を再稼働させない・核ゴミを持ち込ませない北海道連絡会」のお知らせ ベクレルフリー北海道も加盟している全道の脱原発運動連絡会の名称が、過日の会議で変更されることが決まりました。以下は、shut泊の川原さんからmailで全道にお知らせされた文書…

令和2年度北海道原子力防災訓練について 北海道からのお知らせ

www.pref.hokkaido.lg.jp 令和2年度北海道原子力防災訓練 令和2年度(2020年度) 北海道原子力防災訓練の実施について この度、北海道と関係町村(泊村、共和町、岩内町、神恵内村、寿都町、蘭越町、ニセコ町、倶知安町、積丹町、古平町、仁木町、余市…

寿都町【文献調査の応募に抗議します】

【文献調査の応募に抗議します】 10月8日、片岡春雄町長は高レベル放射性廃棄物最終処分場の文献調査への応募を表明しました。私たちは、その前日の10月7日、「寿都町における特定放射性廃棄物最終処分施設建設地選定に関する文献調査への応募に関する住民投…

「科学的特性マップを考える会」が制作し、寿都町で配布したリーフレット

科学的特性マップを考える会が制作し、寿都町で配布したリーフレット 情報をお知らせをくださった地学団体研究会は「特定放射性廃棄物は増やさない埋めない」~科学的特性マップの問題点~ を発行しています。 www.chidanken.jp 「高レベル放射性廃棄物」の…

廃炉の会 署名 鈴木直道北海道知事へ要請「泊原発の再稼働を認めないでください」

「道民の声に耳を傾け、泊原発の再稼働を認めないでください」要請署名寿都町と神恵内村が高レベル放射性廃棄物処分場選定の文献調査への応募を表明しました。処分場に決定すれば、北海道へ全国から核のゴミが集まってきます。私たちはこれ以上核ゴミが増え…

神恵内村が文献調査実施受け入れ 道北連絡協議会の抗議文

国が神恵内村に文献調査実施の申し入れを受け入れたため、核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会の皆さんが抗議文を出しました。 寿都町とは違い、昨日になって国は急に神恵内村には国からの「文献調査実施」の申入れという形を取り、神恵内村がこれを「…

寿都町、神恵内村が文献調査へ応募

寿都町長が本日10月9日、NUMO代表理事の近藤俊介氏と面談し、直接、応募書を提出したことが報じられました。 また、神恵内村では高橋昌幸村長が高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場誘致につながる「文献調査」の受け入れを表明しました。 北海道新…

緊急招集【第10回 核ゴミに関する政府との会合】

【緊急招集のお知らせ】 10月8日の寿都町、神恵内村の文献調査応募に関する会見報道を受け、 「核ゴミ問題研究会」として「第10回核ゴミに関する政府との会合」を持つことに致しました。 【第10回 核ゴミに関する政府との会合】 ※緊急招集につき、拡散願い…

道北連絡協議会は 「寿都町長の文献調査応募表明への抗議文」

道北連絡協議会は 寿都町長の文献調査応募表明への抗議文を送付しました。 当初、神恵内村長と一緒の内容で作成したのですが、神恵内村長が今日の表明を見送ったため、寿都町長のみに修正し送付しました。修正を忘れた箇所が1箇所(上から8行目片岡町長と…

寿都町片岡町長の「核のゴミ」処分場調査に関する会見

www.youtube.com 【2020年10月8日(木)】寿都町片岡町長の「核のゴミ」処分場調査予約会見寿都春雄寿都町長 「私は以前から地層処分の議論というのは国内全体に広めていきたいと 記録表示会や議会のへへへし。 2020年10月8日(木)寿都町片岡町長の「核のゴ…

緊急声明 住民投票の実現を! 子供たちに核のゴミの無い寿都を! 町民の会

【緊急声明 住民投票の実現を!】 子供たちに核のゴミの無い寿都を! 町民の会 町民の会では、10月1日に緊急声明文「住民投票の実現を!」を発表しました。 そして、10月2日に、役場で必要な手続きを終えました。 現在、「寿都町における特定放射性廃棄物最…

後志・原発とエネルギーを考える会が神恵内村に要望書を提出

後志・原発とエネルギーを考える会が神恵内村長と神恵内村議会議員に対し、 一人一人に要望書を送りました。 以下は村長宛ての文書 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2020年10月5日 神恵内村長 高橋 昌幸 様 後志・原発とエネ…

寿都で 町民の会などが公開質問状や意見書を提出

子どもたちに核のゴミのない寿都を!町民の会 【10/6 公文書非開示決定通知書が届く】NHKがスクープ報道した町議会の「全員協議会の議事録」について、当会では9月23日に寿都町議会へ情報公開請求をしていました。本日「公文書非開示決定通知書」が、当会へ…

山本行雄弁護士 講演会「核のゴミ最終処分法のウソと真実」

山本行雄弁護士の著作「10万年のうそ」を読みました。 アマゾンのkindle 「10万年のうそ」 https://www.amazon.co.jp/%EF%BC%91%EF%BC%90.../dp/B084JDHB5D 著者である山本さんも、核ごみ最終処分選定の手順の中で「法的根拠」は全くない 、 このままでは、…

寿都町長、神恵内村長への手紙

10月8日にも文献調査へ応募かと、報道されています。文面調査に応募される前に、2自治体首長には、いま一度ゆっくり考えなおして欲しいと考え、要請や抗議というより、お願いの趣意の手紙を送りました。 ■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■ 神恵内村長 高橋昌幸 様 20…

10月3日 スタンディング報告

10月3日のスタンディングの様子道民視察団代表がTwitterで報告しています。 1https://twitcasting.tv/owl__claw/movie/644200373?fbclid=IwAR16kOTinPozJ6DUjiVGSuXRdQ9RsVrL_58JLaSueQyXTGdtqZ2vxhaGABo 札幌のスタンディング2回目コロナ対策 ソーシ…

北海道議会 核ゴミ文献調査への公募について「透明性の高い冷静な論議を」と決議

道議会での決議 www3.nhk.or.jp 道議会は昨日10月2日の本会議で、「核のごみ」の最終処分場の選定にかかる文献調査への応募検討について、2つの自治体に対して冷静かつ透明性の高い議論を求めるとした決議を全会一致で可決しました。知事は「北海道条例につ…

寿都町 市民グループ主催の講演会に片岡町長も参加

10月2日、寿都町で作成たます会に片岡町長もイベント 延夜10月2日、寿都町でした事野派がした10月会 講師の伴さん、小野有五さんのパズルをする理由がアイコンをしたそうだ。 小野有五さんが片岡町長に問いかけた言葉に拍手喝采も。 www.facebook.com 動画記…

東北から 寿都、神恵内へのメッセージ

青森県の 大竹進 医師から 寿都、神恵内のみなさんへのメッセージ岩手の海を守る会の永田文夫先生からも 寿都、神恵内の方々へ以下のようなメッセージがありました。 「高レベル廃液に再処理で回収できなかったウラン238(半減期44億年)やプルトニウム239(半…

北海道条例の軽視 道議会、町村議会でも

片岡春雄町長は「10月8日に予定されている全員協議会で結論が出たのであれば、間を置かず早めに行動を起こしたい」と応募へ強い意向を示した。(10月1日現在) 一方、神恵内村では高橋昌幸村長が、「村議会の決議結果を尊重する」とし、暗に住民の意思を確か…

むつ中間貯蔵・パブコメを出そう!

むつ中間貯蔵・パブコメを出そう!http://kiseikanshi.main.jp/2020/09/27/mutsu-tane/パブコメ提出は10月2日(金)まで 意見提出フォームは以下にあります!https://is.gd/2WvI27 むつ中間貯蔵施設(リサイクル燃料備蓄センター)は、原発の使用済み燃料を…

神恵内議会で杭の説明 予定調和か? 海底下への掘り進みに言及

神恵内村議会では、政府関係機関との会議以前に、すり合わせや予定調和があったのかと思わせるようなやりとりが垣間見られました。(※UHBニュース動画をご参照ください)これでは寿都町に比較し、すでに「受け入れの手順までもが整いすぎている」と受け取れ…

道議会一般質問 核ごみ 自公は触れず 野党も取りやめ相次ぐ

寿都町に次ぎ、神恵内村も文献調査応募検討の態度を示したため、北海道議会でもこの話題がどのように取り扱われるか、道民の関心は高かったが、実際には、野党もこれに関する態度がまとまらない。合流した野党の原子力問題についての方針が固まり切らず、党…

活断層と寿都町 核ごみ・泊原発再稼働問題を考える連続講座のお知らせ

地層処分関連 連続講座のお知らせ ●9月24日(木)シャット泊 連続講座 講師:小野有五さん(北海道大学名誉教授・行動する市民科学者の会代表) 「活断層と寿都町核ごみ・泊原発再稼働問題を考える」 午後6時30分~8時30分 エルプラザ2階環境研修室(北8西…

寿都、神恵内、泊原発周辺地域の活動断層の存在

寿都、神恵内、泊原発周辺地域の活動断層の存在 積丹半島周辺に泊原発の稼働を停止して審査しなおすほど心配な活断層があるために、規制委員会は時間をかけて調査をし直しているさ中であるというのに、寿都や神恵内が最終処分地適地とか候補などと社会的に認…

核ごみ最終処分地 海底下に「隠れた候補地」?

時々刻々と表出する「秘密の核ゴミ最終処分地選定ロジック」 2017年の科学的特性マップの解説時に、確かに「島嶼部」という言葉が出ていた。 島嶼部から海底下へ掘り進む発想? 北海道新聞が新しい情報を報じている。以下に急ぎ、報告する www.hokkaido-np.c…

核のゴミの地層処分ってどんなこと? 寿都町で勉強会

10月2日(金)、寿都町総合文化センターにて、「核のゴミの地層処分ってどんなこと?」という勉強会を開催します。 講師をしていただく伴英幸さんはNPO法人原子力資料情報室という団体の共同代表を務めている方です。寿都町の地下深くに核のゴミを埋めるって…

泊原発の再稼働を認めない道民署名(北海道知事宛て)

道民が安心して暮らせる北海道にするため 泊原発の再稼働を認めない道民署名 にご協力をお願いします。 趣旨 もし泊原発を再稼働させ事故が起きれば、北海道の豊かな大地は汚染され、道民の生活も農業・漁業・観光をはじめ全ての産業も壊滅的な打撃を受けま…

核ごみ問題を道民みんなで考える緊急ミーティング

昨日、札幌エルプラザで道内で環境保護や原発・エネルギー問題などに取り組んでいる市民団体の代表やメンバーのほか、約30人が参加し、「寿都町神恵内村の核ごみ問題を道民みんなで考える緊急ミーティング」が開催されました。インターネット通信で寿都町民…