becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

脱・肌感覚リコールの会(寿都)町議5名の解職請求 署名開始

脱・肌感覚リコールの会広報誌NO1より

 

町民主役の寿都町の実現を!

脱・肌感覚リコールの会を発会しました。

町民が主役である真の寿都町と民主主義を取り戻すことを目的とし、本会を発会しました。住民の代表でありながら町長の「肌感覚」を支持する議員たち、住民投票条例を否決して住民の意見表明の場を奪った議員たち、核抜き条例を否決して核持ち込みを容認した議員たちのリコールを、私たちはめざします。

 

 

以下佐藤から

脱・肌感覚リコールの会が共同代表吉野寿彦・佐藤匡将・奥野利子・槌谷和幸で発会しました。

容認議員5人の解職を求める戦いが始まりました。

リコールは有権者の3分の1以上の署名がおのおの必要とされる厳しい戦いとなります。

現在、町内で署名を集めてくれる方を募集しています。

皆さんにお願いいたします。

リコールの会への激励、カンパ、何よりも寿都町で知っている方を紹介してください。

連絡先は

脱・肌感覚リコールの会 048-0351寿都郡寿都町字磯谷町鮫取澗123

  電話090-7056-3018 0136-65-6275  FAX0136-65-6274

メールdatu.hadakankaku@gmail.com

 

カンパなどは以下の口座へ

北海信用金庫 寿都支店

 店番号 106(普通)4201604

口座名  脱・肌感覚リコールの会

 

5人の議員のリコールで、少なくとも2名のリコールを勝ち取り、議会を変えていくために、リコールの会は奮闘しています。

■ ■ ■

追情報

蘭越町の「核のゴミいらない町民の会」が「蘭越町放射性物質等を持ち込ませない条例」の制定を求め議会に請願を提出しました。同時に1月上旬から開始した条例制定を求める町民2225筆の署名を提出(蘭越町の人口は4548人)。実に町民の半数が署名しています。

寿都町と隣接する島牧村黒松内町蘭越町4町村は南後志地区と言われている)、島牧村はすでに核ゴミ拒否条例を制定しおり、黒松内町3月議会での条例制定に向かっています。

また、羊蹄山麓の倶知安町ニセコ町でも核ゴミ拒否条例制定に向けて署名活動をおこなっています。

知り合いの方がおりましたら是非ともこの運動をしていることを知らせてください。

 

 

寿都・神恵内 住民の意思を反映さすぇる手続き法の明文化無しに不安の声 

2月9日の道新の小樽後志欄。核のゴミに揺れ動く寿都と神恵内。

f:id:emikamassion:20210209153756j:plain

インタビューを受けた寿都町民からのコメント

・文献調査から精密調査終了まで20年の長い年月に、今の人口の半数はこの世にはいないだろう。更に処分場建設を終えて核のゴミが搬入されるのはそれから10年後という。その時に町はどうなっているのか、どう生き残れるのかを決めるのは今の40代以下の方々、ならば今はしっかりと自分の意思を明らかにして町づくりに参画をすることを期待したい。
・核のゴミの処分場の選定プロセスで「途中で離脱する場合の手続きについて」を先日の国会での立憲の逢坂議員が質問について政府は「反対意思の伝達を法令で定めない」とした。今までの色々な事例では、マニュアルや前列がないとの言及で事がうやむやにされていることから、今回の永久に保管義務が生じる事にはきちんとした対応が望まれのではないか。それが示されないとなるとなし崩し的に調査が進められると危惧、過去の事例を見ても住民の幸福よりも国の利益が優先し強制的に事業が進められといる。
禍根を残さないためにも住民の総意が基づく「住民投票」を行い判断を決めるべきかと思うが。
・今月中にも始められる「対話の場」は無理やり選定を決める雰囲気づくりの場ではなく、原子力政策も含めた活発な議論を多くの住民を交えて行うべきと思う。決してほんの一部の方々で、非公開や会議録も無いなどの非民主的なやり方を住民は求めてはいない。更に、「対話の場」に参加するメンバーは住民の代表としての意識をしっかりと持ち自己の意思を明確に表示することが大事であり、それができないと思うのであれば、いさき良く辞退すべきかと。町づくりは他人任せにする時代はとっくの昔に過ぎていることを自覚してほしい。
 

2月9日の道新の小樽後志欄。核のゴミに揺れ動く寿都と神恵内。

f:id:emikamassion:20210209153756j:plain

インタビューを受けた寿都町民からのコメント

・文献調査から精密調査終了まで20年の長い年月に、今の人口の半数はこの世にはいないだろう。更に処分場建設を終えて核のゴミが搬入されるのはそれから10年後という。その時に町はどうなっているのか、どう生き残れるのかを決めるのは今の40代以下の方々、ならば今はしっかりと自分の意思を明らかにして町づくりに参画をすることを期待したい。
・核のゴミの処分場の選定プロセスで「途中で離脱する場合の手続きについて」を先日の国会での立憲の逢坂議員が質問について政府は「反対意思の伝達を法令で定めない」とした。今までの色々な事例では、マニュアルや前列がないとの言及で事がうやむやにされていることから、今回の永久に保管義務が生じる事にはきちんとした対応が望まれのではないか。それが示されないとなるとなし崩し的に調査が進められると危惧、過去の事例を見ても住民の幸福よりも国の利益が優先し強制的に事業が進められといる。
禍根を残さないためにも住民の総意が基づく「住民投票」を行い判断を決めるべきかと思うが。
・今月中にも始められる「対話の場」は無理やり選定を決める雰囲気づくりの場ではなく、原子力政策も含めた活発な議論を多くの住民を交えて行うべきと思う。決してほんの一部の方々で、非公開や会議録も無いなどの非民主的なやり方を住民は求めてはいない。更に、「対話の場」に参加するメンバーは住民の代表としての意識をしっかりと持ち自己の意思を明確に表示することが大事であり、それができないと思うのであれば、いさき良く辞退すべきかと。町づくりは他人任せにする時代はとっくの昔に過ぎていることを自覚してほしい。
 

泊原発廃炉訴訟 第34回口頭弁論のご案内

コロナ禍で様々な市民活動ができない状況になっています。

泊原発訴訟の事務局からも以下のようなお知らせがありましたので、以下に共有します。

■ ■ ■

3/9(火) 泊原発廃炉訴訟 第34回口頭弁論のご案内
長期に及ぶCOVID-19感染対応で、みなさま様々な場面で制限や緊張を強いられる日々だと思います。

事務局スタッフ一同、みなさんのご健康を心からお祈りしています。
さて、次回口頭弁論についてのお知らせです。現時点では、期日通り開催の予定です。裁判傍聴席数は削減され、一般傍聴席は13~20席程度の見通しです。傍聴抽選が実施される可能性が高いので、午後1時30分までには裁判所にお越しください。抽選に外れた場合は、高教組センター4階にお越しください。口頭弁論後の報告集会は高教組センターで行います。一定時間ごとに窓の開閉で換気を行いますので、時に足元の防寒対策をしてご参加ください。
10年目の3.11. 忘れてはいけない原発事故
報告集会では弁護団からの裁判解説はもちろん、あらためて、泊原発廃炉訴訟にかける想いと決意を、みなさんと共に確認できる機会になればと思います。

口頭弁論期日
2021年3月9日(火)
午後1:30 傍聴抽選(傍聴者多数の場合、裁判所が実施)
午後2:00〜 口頭弁論:札幌地裁
口頭弁論終了後〜午後4時頃まで 報告会

<報告会の会場>
北海道高等学校教職員センター4階大会議室(札幌市中央区大通西12丁目)
なお、感染可能性を極力抑えるために、以下を中止いたします。
1. 傍聴希望者の大通り集合
2. 裁判と並行して開催する集会(主に、傍聴できなかった人のため

 

tomari816.com

 

ガラス固化体1本に含まれる放射能の経年変化

岩手の永田文夫さんからの情報を共有します。
ガラス固化体1本に含まれる放射能の経年変化」について可視化したグラフが示されました。
 
国や原子力機関は深地層処分の解説中で度々10万年という数字を出してきますが、
①5000年後あたりからあまり減少しない
②再処理で回収できず混入してきた超長半減期のウランやプルトニウムの影響が大きくなっている
 半減期U238(44.7億年),U235(7億年),Pu239(2.4万年)等

f:id:emikamassion:20210205104245j:plain

寿都町 全員会議の議事録非公開の真相は?

【全員協議会の議事録非公開の真相は?】
 国民の知る権利を守るため、寿都町には情報公開条例があり、開示できないと明文で決められたもの以外は、すべての公文書を開示すると定めています。
 文献調査について、町長と議会は全員協議会という議決権のないところで議論していました。NHKが昨年スクープしたところによると、2月から議論が始まっていたといいます。また、片岡町長が「町民に伺いを立てたら、かえって面倒になる」と町民無視の発言を行っていたことも明らかになりました。
 しかし、この議事録が公開されないのです。昨年9月に、町民の会は、情報公開条例に基づいて公開請求を行いましたが、「非公開と取り決めている」として非開示となりました。また、その決定を不服として、審査請求を行いましたが、審査会も非開示を支持しました。
 昨年11月、町民の会はあらためて、議事録の公開請求を行いました。同時に、「非公開と取り決めている」文書の公開も求めました。ところが、今回も、「非公開と取り決めている」として断られました。取り決め文の公開も拒まれました。
 ところが、過去の情報公開請求について調べたところ、全員協議会の議事録が2019年に公開された実績があることが分かりました。また、複数の議員から「明文化された取り決めはない」という文書もいただきました。
 寿都町情報公開条例の第7条には「公文書は、原則として開示しなければならない」、ただし、例外として、第8条に「法令等の規定により開示することができないと明文で規定され」る情報は開示してはならないとあります。明文規定がないのなら、議事録は公開されなくてはなりません。過去に公開していた議事録を公開しないというのも筋が通りません。
 存在しない「取り決め」をもとに情報公開を拒む議会に対して、町民の会では、1月6日に審査請求書を提出しました。同時に、これらの問題点についてプレスリリースしました。
 
※町民の会HP「第二次情報公開請求」

f:id:emikamassion:20210110230507j:plain

寿都町とNUMOに「対話の場」等の公開質問状を提出

寿都町民の会【12/17 寿都町とNUMOに「対話の場」等の公開質問状を提出】
 本日寿都町議会が開かれ、議員発議で寿都町核抜き条例の提案がなされ、その後に採決されましたが、議員は4対4になり、議長採決で否決でした。
 条例に反対した5人のうち、2人の議員の反対意見は、調査のそれぞれの段階で止めることが出来る、調査では核のゴミを持ち込まない事を国は確約している、対話の場などで町民が話し合うなどの余地を残すべきだというような意見で、寿都へ核のゴミを持ち込まない事に対しては何も言っておらず、そもそも条例の反対理由にもならないと、傍聴してきたメンバーからの報告がありました。否決した議長からも、意見はなかったそうです。
 なお、賛成してくれた4人の議員は、本当に住民に寄り添った意見を言ってくれて、救いだったとのことです。
【町とNUMOに公開質問状を提出】
 NOMOのチラシ、また片岡町長からの説明など、何度も何度も「対話の場づくり」が言われているので、いったいどういうことなのか?を明確に知りたいと考え、本日付けで公開質問状を出しました。
 また報道では、あれこれと対話の場のことが記載されていますが、町民には知らされていません。そのことにも、大いなる疑問があります。私たち、どうして新聞紙上から、我が町のことを先に知るのでしょうか?役場に電話しても、決まってないと言われてしまうのは何故?
 投稿に、質問状の写真を添付します。回答が来たら、また皆様にも公開いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト 

 
 

www3.nhk.or.jp

寿都町議会が核抜き条例案を否決

いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、文献調査が始まった後志の寿都町で定例の町議会が開かれ、「核のごみ」の持ち込みを拒否する「核抜き条例」案が提出されましたが否決されました。

寿都町では原子力発電所の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、先月から文献調査が始まっています。
これを受けて17日に開かれた定例の町議会で、4人の町議会議員が連名で「核のごみ」の町内への持ち込みを拒否する「核抜き条例」案を提出しました。
条例案には「核のごみ」を町内に持ち込ませないこと、文献調査の次の段階となる「概要調査」を受け入れる際には住民投票を行うことなどが盛り込まれています。
採決を行った結果、賛成、反対が4対4と同数になりましたが、最終的に議長の裁決で条例案は否決されました。
寿都町議会では先月、応募の是非を問う住民投票条例案も審議されましたが、同じく否決されました。
「核抜き条例」をめぐっては15日に隣の島牧村議会で可決されたほか、同じく隣接する黒松内町議会でも可決される見通しで、寿都町と周辺自治体の議会の間で温度差が鮮明になっています。

【提案した議員・町長は】
条例案を提出した寿都町議会の越前谷由樹議員は「否決となり、本当に残念です。町民の方々も残念に思っていると思います。議員の中でも認めるのは文献調査だけだと言っていた議員が、どんどん調査に賛成するような傾向になっていると思える」と話していました。
一方、寿都町の片岡春雄町長は条例案が否決されたことについて、報道陣からの質問に答えませんでした。