読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

5月5日 泊原発を再稼働するな 大行進

「北海道にも迫る核ごみ問題」

「北海道にも迫る核ごみ問題」 かでる2.7 前日にチェルノブイリデー記念講演の催しとして、「原子力政策の戦略を知り、変化を生み出すために」とう表題で講演を行った鎌仲ひとみさんを会場にスペシャルゲストとしてお招きし、どううお話をされたかダイジ…

原子力政策の戦略を知り、変化を生み出すために 鎌仲ひとみ監督講演会

「原子力政策の戦略を知り、変化を生み出すために」 4月22日にチェルノブイリから31年 震災から6年 ベクレルフリー北海道を発足して5周年の記念講演会に、4.26チェルノブイリデー実行委員会の構成団体が集い、映画監督の鎌仲ひとみ氏、ルポライターの滝…

全国シンポジウム いま改めて考えよう地層処分 札幌開場 予約開始

全国シンポジウム いま改めて考えよう地層処分 札幌開場 予約開始 科学的有望地の提示が昨年度末から平成28年度末(3月末日)、この夏にも・・・と変わって報道され、いまだ示されていませんが、一方で文言の修正が行われています。 処分場の適性 「低い」「…

鎌仲ひとみ監督 講演会のお知らせ 「原子力政策の戦略を知り、変化を生み出すために」

ベクレルフリー北海道 発足5周年記念鎌仲ひとみ講演会のお知らせ「原子力政策の戦略を知り、変化を生み出すために」 鎌仲ひとみ講演会のお知らせ「原子力政策の戦略を知り、変化を生み出すために」 スペシャルゲスト: 滝川康治さん(下川町在住/フリーライ…

3月30日に提出した平成28年度原子力防災訓練に関する質問書に対する北海道原子力安全対策課からの回答

本日、2017年4月10日に北海道原子力安全対策課から平成28年度原子力防災訓練に関する質問書に対する回答書が届きました。この回答と質問主旨を照らし合わせ、追質問や要望書を提出する予定です。 この質問書に関する内容、提出団体等の詳しいい情報…

秋季および冬季の 北海道原子力防災訓練に関する北海道への質問

本日、平成29年3月30日、北海道総務部危機対策局 原子力安全対策課を通じ 高橋はるみ北海道知事に「秋季および冬季の 北海道原子力防災訓練に関する質問書」を提出致しました。以下に内容を記します。(報告: 道民視察団) ーーーーーーーーーーーーーーー…

「平成28年度原子力防災訓練視察報告会」道民視察団

【平成28年度原子力防災訓練視察報告会】日 時 3月18日(土) 18時30分~20:00会 場 エルプラザ2階・環境研修室1 (定員38人先着順)講師:道民視察団 関根達夫・深町ひろみ・公平孝一進行:マシオン恵美香参加費(資料代金込み):500円主催:道民視察団(太田…

鎌仲ひとみさん講演会 「原子力政策の戦略を知り、変化を生み出すために」お知らせ

鎌仲ひとみさん講演会「原子力政策の戦略を知り、変化を生み出すために」お知らせ 日時:4月22日 14:00~場所:札幌自治労会館主催:ベクレルフリー北海道チェルノブイリデーは毎年、4月26日に行われていますが、その前段として22日に鎌仲ひとみさん…

地層処分技術ワーキンググループ「科学的有望地の提示ー名称変更を承認」

2017年3月2日、総合資源エネルギー調査会 地層処分技術ワーキンググループ(核のゴミ処分地選定提案会合 委員の大半が原子力機構やNUMO等の委員会に所属する人々)が、適性の低い地域、適性のある地域、より適性の高い地域という名称変更を承認しまし…

日本原燃からの回答(2月13日勉強会での質問への回答)

本年2月13日に衆議院第二会館で持った「核ごみに関する勉強会」の場で日本原燃に対してした質問の回答が、畠山和也衆議院議員事務所を通じ、本日、届けられました。 内容については精査し、判らない点については再び追質問をしなければならないかもしれませ…

さようなら原発1000万人行動 IN 釧路 アーサービナードさん講演会

さようなら原発1000万人行動 IN 釧路 アーサービナードさん講演会 アメリカ人が原爆ドームにきいた「核心の話」 主催:さようなら原発1000万人行動 IN 釧路 本年は、アーサー・ビナードさんをお迎えしました。 11日の北海道新聞朝刊に「自衛隊の南スーダンか…

映画「太陽の蓋」「チャルカ」~未来をつむぐ糸車 上映会

ベクレルフリー北海道発足5周年記念イベント 映画「太陽の蓋」「チャルカ」釧路上映会 3月26日 釧路芸術館 3月26日(日)映画「チャルカ」「太陽の蓋」上映会 90分 130分 上映時間 開始時間 終了時間 ① チャルカ9:30 ―11:00 (1:30) 入れ替え…

NUMOからの回答「最終処分事業実施期間において考慮すべき事故について」

「最終処分事業実施期間において考慮すべき事故について」 本年2月14日 参議院議員会館で持たれた会合において、質問していた事項に対し、NUMOから回答が届きました。 しかし、回答はほぼ、以前に規制委員会が示した見解をそのまま添付したものであり、最…

経産省パブコメ 「地層処分に関する地域の科学的な特性の提示に係る要件・基準の検討結果(地層処分技術WGとりまとめ)(案)」に対する意見募集について

経済産業省のHPでパブコメ募集があります。 「地層処分に関する地域の科学的な特性の提示に係る要件・基準の検討結果(地層処分技術WGとりまとめ)(案)」に対する意見募集について 3月2日公示 受付開始3月2日 締め切り 3月31日 次回の放射性廃棄物WGは4…

日本原燃からの回答(2月13日勉強会での質問)

過日、平成29年2月13日に衆議院議員第二会館、第六会議室で持たれた勉強会に日本原燃が欠席されたため、書面にて再質問していた質問内容に対する回答が、畠山和也事務所を通じて届きました。 becquerelfree.hatenadiary.jp becquerelfree.hatenadiary.jp

「核ごみに関する政府との会合」報告3 JAEA 厚生労働省 原子力規制委員会からの回答

「核ごみに関する政府との会合」報告3 https://www.youtube.com/watch?v=7mD3rfawe-Q 動画記録(経産省の部分は削除) JAEA 厚生労働省 原子力規制委員会からの回答 質問広告8・9への各省庁・機関の回答および会場からの質問への回答 8.もんじゅ廃炉と…

核ごみに関する政府との会合 報告2 経産省の回答

「核ごみに関する政府との会合」(第5回)報告2 経産省の回答 https://www.youtube.com/watch?v=7mD3rfawe-Q 動画記録(経産省の部分は削除) NUMOの特定放射性廃棄物の地層処分事業に対する質問への回答は、 ときおり、経産省エネ庁が捕捉回答した。 経産…

2月14日「核ごみに関する政府との会合」報告1

「核ごみに関する政府との会合」(第5回) 日時:平成29年2月14日 13:00~ 場所:参議院会館 地階B107号室主催:核ごみ問題研究会 協力:福島みずほ事務所 https://www.youtube.com/watch?v=7mD3rfawe-Q動画記録(経産省の回答部分を除く) <本会合の…

平成28年原子力防災訓練報告会開催のお知らせ

平成28年原子力防災訓練報告 開催日時:2017年3月18日 18:00 - 20:30場 所 :札幌エルプラザ 〒060-0808 北海道 札幌市北区北8条西3丁目 2階環境研修室 平成28年原子力防災訓練 報告会 道民視察団として2012年から参観を継続しています。2012年、2…

小泉純一郎氏講演会「日本の歩むべき道」

泊原発の廃炉をめざす会からのお知らせ「忘れない3・11講演会」 主催:泊原発の廃炉をめざす会主催の 小泉純一郎氏講演会「日本の歩むべき道」往復はがきでの参加申し込みに加え、コクチーズでの申し込みも開始になりました。葉書を書くなんて面倒臭いという…

北海道地域テレビニュース特集「核ごみ科学的有望地公表遅れる」

北海道地域(STVテレビニュース特集)で の話題 核ごみに関する「科学的有望地」提示が遅れているというテレビニュース特集 国は昨年12月にもとし、年明けまで公開を見送っていましたが、選挙への影響を考えてか あるいは、地層処分ワーキングのとりまと…

2月14日の会合中に届いた日本原燃からの回答

<日本原燃>からの回答 2月14日の会合の前に福島みずほ事務所を通じて日本原燃㈱会社に提出しておいた質問に対する回答が会合の最中にFAXで届きました。 福島みずほ事務所 御中 2017年2月14日 日本原燃㈱会社 ご質問の回答について 拝見、時下ますますご清祥…

2月13日「日本原燃と使用済燃料再処理機構との勉強会」報告

「日本原燃と使用済燃料再処理機構との勉強会」報告 日時:2月13日 14:00~ 場所:衆議院第二会館・第六会議室 ●20170213 UPLAN 日本原燃と使用済核燃料再処理機構との勉強会 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=OKGIDiU5Wos&t=2002s 主催:畠山和…

平成29年2月4日冬季原子力防災訓練 報告

平成29年2月4日冬季原子力防災訓練 報告www.city.sapporo.jp/kikikanri/documents/gensiryokubousaikunren.pdf平成29年2月4日(土)に北海道原子力防災訓練(冬季・暴風雪)実施について <動画データ> その1 現地事故対策連絡会議(北海道庁)於:共…

「核ごみに関する政府との会合」事前に提出する質問内容

「核ごみに関する政府との会合」(第5回) 日時:平成29年2月14日 13:00~ 場所:参議院会館 地階B107号室 主催:核ごみ問題研究会 協力:福島みずほ事務所 <本会合の次第> 前回質問に関する追質問、回答内容に関する確認 (原子力規制委員会・NU…

「プルトニウム政策・東海再処理工場・六ケ所再処理工場」に関する市民・政府官僚意見交換会 報告

「プルトニウム政策・東海再処理工場・六ケ所再処理工場」に関する市民・政府官僚意見交換会 報告 (参加者) 経産省資源エネルギー庁 原子力立地・核燃サイクル産業課 1名 内閣府原子力政策担当室 2名 外務省不拡散科学原子力課 1名 文科省 研究開発戦略…

平成29年2月4日泊原発周辺 冬季原子力防災訓練 参観ルート

平成29年2月4日(平成28年度)冬季原子力防災訓練 参観ルートについて 本日、北海道原子力安全対策課よりようやくお知らせがありました。 原子力防災訓練視察行程 昨年平成28年11月13日、14日に櫛と北海道の合同 平成28年度原子力防災訓練については、冬季訓…

泊原発 冬季防災訓練2月4日

【北海道冬季原子力防災訓練】参観へのお誘い 国と北海道は合同で本年 平成29年(2017年)2月4日に泊原発UPZ圏内13ヶ町村を対象に冬季の原子力防災訓練を実施します。 11月に防災訓練を参観した「道民視察団」は、冬季訓練についても、訓練内容等の現地視察…

核ごみに関する政府との会合(第5回)のお知らせ

核ごみに関する政府との会合(第5回)のお知らせ 政府は、昨年12月にも提示とされていた「科学的有望地」の提示を新年に持ち越しました。 昨年来より傍聴しております「地層処分WG」の委員の発言などから、近く、あるいは平成28年度中には、一定の方針が…

1月27日「再処理問題市民・政府意見交換会」参議院議員会館

三陸の海・岩手の会 の永田文夫さんからの情報 1月27日参議院議員会館で「再処理問題市民・政府意見交換会」を開きます。 つきましては要請書の賛同団体募集と当日の参加のお願いです。 (狙い):六ケ所再処理工場の新規制基準審査が終盤に差し掛かって…

札幌市の防災出前講座から知り得た泊村避難訓練の問題点

札幌市の防災出前講座 「日本の原子力防災体系における札幌市地域防災計画」 (原子力防災対策編) 1 2月3日に北区の会が主催され 札幌市の防災出前講座 がエルプラザ環境研修室において開催されました。 札幌市危機管理対策室 西元寺直弘さん と 安倍悠穂さ…

H28原子力防災訓練に関する北海道からの回答

becquerelfree.hatenadiary.jp 道民視察団は、本年11月13-14日に国と北海道が合同で実施した原子力防災訓練を参観し、13の質問を提出しておりました。本日、原子力安全対策課より回答がありましたので、共有いたします。 今回の原子力避難訓練で、屋内退避…

地層処分意見交換会in 札幌 

地層処分意見交換会in 札幌───────────────────────■開催概要───────────────────────会場:ロイトン札幌 2階 リージェントホール日時:2016年11月23日(水・祝)開場・受付13:00 開会13:30 閉会16:30第1部 13:30~14:50●地層処分の説明 DVD 15分程度 ・資…

平成28年度原子力防災訓練に関する追加の質問

道民視察団として 北海道庁総務部危機管理対策局原子力安全対策課 に宛てた追質問項目 <平成28年度原子力防災訓練に関する追加の質問項目事項> 質問1.泊村をはじめ、訓練に参加された住民は、どこで安定ヨウ素剤を受け取り、 何名でしたか? 質問2.今…

原子力防災訓練/泊村村民からの報告

【原子力防災訓練/泊村村民からの情報】報告 本年、2016年11月13.14日に行われた原子力防災訓練の視察団の報告をまとめているところですが、以下に視察内容とは別に、泊原発立地自治体住民から寄せられた避難訓練関連情報をお知らせします。 【原子力防災訓…

「平成28年度原子力防災訓練」 に関する質問①

「平成28年度原子力防災訓練」 翌日の、11 月 15 日午前中に 私は、 北海道庁原子力安全対策課 を訪問し、 担当係り官にお礼を申し上げつつ、 確認のため、以下の 5 項目の質問をしました。(道民視察団 マシオン恵美香) 質問① 11月13日と14日の原子力防…

平成28年度北海道原子力防災訓練の報告②二日目 11月14日の参観内容と記録

平成28年度北海道原子力防災訓練の報告②二日目 11月14日の参観内容と記録 <参観ポイント> ◆11:02 外国人観光客退避訓練 ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所 (余市町黒川7-6) ※あらかじめ用事されたタペストリーを示すガイド。「放射線は出てい…

平成28年北海道原子力防災訓練の報告① 一日目11月13日の参観内容と報道、動画記録

11月13・14日両日 行われた 国と北海道が合同で行った原子力防災訓練に 「道民視察団」として参加しました。 一日目の11月13日はバスで22名が参加、2日目の14日は3組に分かれ、9名が各訓練実施内容を視察、参観しました。 ※事故想定4:30 北海道南西沖…

脱原発首長会議と 北海道知事宛て要望書提出

脱原発首長会議 全国の市区町村長や経験者で構成される「脱原発をめざす首長会議」が、11月5日、札幌市で学習会を開催した。会場となった北海学園大には東海第二原発立地自治体である茨城県東海村の村上達也前村長などメンバーら四人が同会議から出席、120名…

原子力防災訓練 道民視察団 行動予定

原子力防災訓練 道民視察団 行動予定 エール観光 中型バス 21名(6席補助席付き) ドアガラスに「原子力防災訓練 道民視察団 」のサイン <集合・出発場所> 11月13日 8:30 スタッフ集合 石狩振興局 道庁別館(本館の西側)の北側 弁当と飲み物持参のこと ※…

平成28年度原子力防災訓練 道民視察団

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/…/gat/bousaikuren28111314.htm 11月4日、北海道原子力安全対策課は、国と北海道が合同で行う「平成28年度原子力防災訓練」の 実施日(11月13・14両日)と訓練内容を、ようやく発表しました。 同日午後、道民視察団の有志と…

北電力泊原発敷地内の活断層への新規制基準適合性を問う

北海道電力泊発電所(泊原発)敷地内の「活断層」 <たんぽぽ舎メルマガからの転載> | 新規制基準適合性審査における原子力規制委員会と | 学会の役割を問う └──── 小野 有五 (北星学園大学)・ 斉藤海三郎(「行動する市民科学者の会・北海道」) *「日本…

第 29 回放射性廃棄物ワーキンググループの審議事項に関する意見

11月5日に開催される脱原発をめざす首長会議にも講師として参加される寿楽さんが 第 29 回放射性廃棄物ワーキンググループの審議事項に関する意見を書面で提出しています。 http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/denryoku_gas/genshiryoku/housh…

NUMO主催「地層処分意見交換会」IN 札幌(ロイトン札幌)

www.chisou-sympo.jp NUMOの意見交換会 締め切り 11月18日 会場:ロイトン札幌 2階 リージェントホール 〔アクセス〕札幌市中央区北1条西11丁目定員:150名 (A席50名/B席100 二部構成で行われます。地層処分の説明・資源エネルギー庁・原子力発電環…

北海道原子力防災訓練を参観しましょう

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/bousaikuren2811.htm 平成28年度 北海道原子力防災訓練は、国の原子力総合防災訓練との合同訓練となっています。 しかし、この期に及んでも国は、まだ日程を「11月中旬」としており、確定していません。 決まり次…

11月4日「特定放射性廃棄物に関する北海道条例の遵守を求める要望書」を提出します

核ゴミ問題を注視する北海道民の皆様 および、昨年の知事宛て要望書にご賛同いただいた個人、グループの皆さまへ 「特定放射性廃棄物に関する北海道条例の遵守を求める要望書」を提出します。 11月4日、13:30から北海道庁本庁舎9階 経済部1号会議室にて提…

唐津市で使用済み核燃料貯蔵施設誘致? 

唐津・串住民が使用済み核燃料貯蔵施設の誘致名乗り 原発対岸の地権者30人が市に要望書提出 2016年10月13日 10時05分 佐賀新聞 www.saga-s.co.jp 九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)に隣接する唐津市鎮西町串地区の住民が、使用済み核燃料を一時的に貯蔵…

「新段階に入る最終処分問題 私たちはどう向き合うべきか」脱原発をめざす首長会議

核燃料サイクルの実質的破綻とも言える、もんじゅの廃炉が確定的となった状況も踏まえ、新しい段階に入りました。原発・エネルギー問題に関心のある、多くの市民のみなさまにご参加いただきたいと催しです。以下に「脱原発をめざす首長会議」の催しのお知ら…

10月3日認可法人「使用済燃料再処理機構」が発足

原発から出る使用済み核燃料の再処理を担う認可法人「使用済燃料再処理機構」が3日、発足し、 青森市に本部事務所を開設した。 経済産業省の認可法人にすることで国の関与を強め、将来にわたり再処理事業を継続させる狙い。 機構は原発を持つ電力10社から…