読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

核ごみに関する政府との会合(第5回)のお知らせ

核ごみに関する政府との会合(第5回)のお知らせ

政府は、昨年12月にも提示とされていた「科学的有望地」の提示を新年に持ち越しました。

昨年来より傍聴しております「地層処分WG」の委員の発言などから、近く、あるいは平成28年度中には、一定の方針が出されるでしょう。

 

 昨年10月には再処理等拠出金法が施行になり、使用済核燃料機構が発起しました。

 再処理料金を電気料金に課金する試算や、法的根拠を理解するためには、これまでに政府が出していた上方のうち、少なくとも再処理すべき総量および総額、これらにかかる費用をどのように課金するかを示す算定式、以前に公表された数値などを情報修正されているとすれば、そのあたりの理由なども、解説していただく必要があると考えます。

 

 今回も、社民党 福島みずほ参議院議員)事務所にご協力いただき、下記のように会合を持ちます。

 

 

f:id:emikamassion:20170119093419j:plain

 

開催日時:2017214日 13001500
場 所 :参議院議員会館 B107

お誘いする省庁および機関 : 経産省、使用済核燃料機構、日本原燃NUMO

                   原子力規制庁JAEA文部科学省厚労省 等 

主催:核ごみ問題研究会

協力:福島みずほ事務所

 

①前回質問に関する追質問、回答内容に関する確認

 

②新たに変容した条件下での追質問

 ※質問内容詳細は現在、練っており、のちほど拡散致します。

 

 

<前回の話題>

・ 科学的有望地提示の見通し

・文献調査から概要調査への流れ 進捗状況

六ヶ所村再処理事業の技術的・経済的状況の説明 (再処理等拠出金法 )※施行直前

・核ゴミの海外委託問題

・室蘭・苫小牧 金属廃棄物の加工事業について経産省国交省(海輸)、日本原電へ

JAEAへの質問: 幌延の地層研究施設での研究に関する本年度事業を含む見通しについて

NUMOへの質問: 特定放射性廃棄物最終処分技術について

 

【ご出席をご希望の方はご連絡ください】

 マシオン恵美香 (核ごみ問題研究会・ベクレルフリー北海道)

         emika69@yahoo.co.jp

 

※ 127日には岩手の永田文夫さんの呼び掛けで「再処理問題市民・政府意見交換会」

 

  22日には、三沢市の山田清彦さんからの情報で、核燃青森ネットワークでも日本原燃との交渉が計画されているとのこと。

 

http://rengetushin.at.webry.info/201701/article_3.html
 20161018日に続いて、201716日の閣議後の記者会見で、世耕弘成経済産業大臣が「現段階で予断をもったスケジュールについて申し上げるのは控えたい」と話し、「今後も有識者会合を複数回開催する方向」(20171月14日中日新聞)と記している。