読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

「プルトニウム政策・東海再処理工場・六ケ所再処理工場」に関する市民・政府官僚意見交換会 報告

プルトニウム政策・東海再処理工場・六ケ所再処理工場」に関する市民・政府官僚意見交換会 報告

(参加者)
 経産省資源エネルギー庁 原子力立地・核燃サイクル産業課 1名
 内閣府原子力政策担当室    2名
 外務省不拡散科学原子力課   1名
 文科省 研究開発戦略官付   1名
     原子力課       2名
 原子力規制委員会原子力規制庁 8名
 環境省 水・大気環境局総務課 1名     合計16名

*市民側参加者は川田議員さん稲見秘書さんを含め30名ほど。

●要請書
 http://sanriku.my.coocan.jp/170127yousei.pdf
内閣総理⼤⾂ 安倍晋三
外務⼤⾂ 岸⽥⽂雄様
⽂部科学⼤⾂ 松野博⼀様
経済産業⼤⾂ 世耕弘成
環境⼤⾂ ⼭本公⼀様
原⼦⼒規制委員⻑ ⽥中俊⼀様
原⼦⼒委員会委員⻑ 岡 芳明様

提出団体
 花とハーブの⾥代表菊川慶⼦(⻘森県六ケ所村)
 脱原発とうかい塾代表相沢⼀正(茨城県東海村
 三陸の海を放射能から守る岩⼿の会世話⼈永⽥⽂夫(岩⼿県盛岡市
 ⼤間とわたしたち・未来につながる会 代表野村保⼦(北海道函館市)
 核燃から海と⼤地を守る隣接農漁業者の会 代表荒⽊茂信(⻘森県東北町)
 PEACE LAND 代表⼭内雅⼀(⻘森県⼋⼾市)
 豊かな三陸の海を守る会 会⻑⽥村剛⼀(岩⼿県宮古市)
 
*賛同22団体

六ケ所・東海再処理⼯場等に係る要請書(意⾒と質問)

私たち市⺠団体は⽇本原燃株式会社(以下「原燃」)六ケ所再処理⼯場と⽇本原⼦⼒研
究開発機構(以下「JAEA」)東海再処理⼯場の⼤事故を⾮常に⼼配しております。再処
理⼯場は原発とは異なり⼤量の放射性物質を有し、有機溶剤等の化学物質を扱う化学⼯場
だからです。世界では旧ソ連時代1957年に、マヤーク核兵器⽤再処理施設で⾼レベル放射
性廃液(以下「⾼レベル廃液」)貯蔵タンクが⼤爆発を起こし内容物の約9割が施設とそ
の周辺へ、約1割に当たる 200万キュリーが300km先まで⼤地を汚染しました。福島原発
事故と異なり、放射能のほとんど全てが放出されたということは再処理⼯場の⼤事故の特
徴を物語り、不安を増⼤させます。六ケ所や東海再処理⼯場に貯蔵されている⼤量の⾼レ
ベル廃液が停電やパイプ破断等により冷却や⽔素掃気ができなくなると、⼀つの貯槽の硝
酸塩爆発や⽔素爆発により次々と多くの貯蔵タンクが破壊され⼤爆発を起こし貯蔵放射能
の全量が放出されることが予想されます。六ケ所再処理⼯場には福島原発事故による⼤気
放出セシウム137の約35倍の⾼レベル廃液が、東海再処理⼯場には約79倍(ストロンチウ
ム90については約6200倍)もの⾼レベル廃液が貯蔵されており⼤事故があると福島原発
事故とは⽐較にならない⼤量の放射能が環境へ放出される危険性があり、場合によっては
この国の存在を危うくする可能性があります。
六ケ所再処理⼯場では、2016年12⽉に原燃副社⻑が原⼦⼒規制委員会(以下「規制委
員会」)へ濃縮ウラン施設に関わる虚偽の報告を⾏ったことが国の保安検査で発覚し報道
されました。これは今に始まったことではなく原燃の企業体質によるもので氷⼭の⼀⾓と
思われます。2015年8⽉2⽇敷地内が三つの落雷に襲われ⼯場の主要建屋において多数の
計測機器が故障した事故について原燃は同年12⽉7⽇最終報告書を国へ提出しました。こ
の件で、私達は2016年7⽉20⽇原燃から質問状の回答を得ましたが納得のいくものではあ
りませんでした。東海再処理⼯場は廃⽌が決定し措置が講じられていますが、⾼レベル廃
液のガラス固化による減量は進んでおらず、また現場の廃棄物の杜撰管理が報じられてい
ます。
現在、原燃の新規制基準申請書の審査が進んできている状況に鑑み、両再処理⼯場の⼤
事故を防ぎ、国⺠を難⺠など悲惨な状況に絶対に追い込まないよう、更なる厳重な監督・
審査を求めます。
以上の趣旨から六ケ所再処理⼯場の重⼤事故防⽌を中⼼に、東海⼯場も含め審査等につ
いて質問いたします。
以下(例「参質189-121」とは第189国会の質問主意書提出番号121を指す)

●20170127 UPLAN「六ケ所・東海再処理工場等に係る要請書(意見と質問)を中心
に」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=HTluX14bYaM
 

f:id:emikamassion:20170129101321g:plain

【賛同22団体名】
北海道 ベクレルフリー北海道(釧路市
岩⼿県 春を呼ぶ会(盛岡市
⽣活クラブ⽣活協同組合・岩⼿(岩⼿県・奥州市
岩⼿有機農業研究会(岩⼿県)
クランボンの会(盛岡市
無限洞(盛岡市
測る会(盛岡市
原発からの早期撤退を求める岩⼿県学識者の会(盛岡市
有機の会(滝沢市
ちいさなたね(滝沢市
鍬ヶ崎の防潮堤を考える会 (宮古市
⼦どもに豊かな未来とふるさとを残す会 (宮古市
福島県 ⽣命(いのち)を考える福島と⿅児島の会(郡⼭市、⿅児島県⿅児島市)
脱原発の⽇実⾏委員会(⽥村市)
京都府 グリーン・アクション(京都市
栃⽊県 かぶら屋(宇都宮市
⻄屋敷(宇都宮市
⼤阪府 森のこや(和泉市)
泉の森(和泉市
福岡県 さよなら⽞海原発の会・久留⽶(福岡県久留⽶市)
環境教育ふくおか(福岡県久留⽶市)
⿅児島県 被ばく医療を考える会かごしま(⿅児島市)