読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

全国シンポジウム いま改めて考えよう地層処分 札幌開場 予約開始

全国シンポジウム いま改めて考えよう地層処分 
      札幌開場 予約開始

科学的有望地の提示が昨年度末から平成28年度末(3月末日)、この夏にも・・・と変わって報道され、いまだ示されていませんが、一方で文言の修正が行われています。

処分場の適性 低い」「ある」「より高い」の3色に塗り分ける方針を示していた

有識者会議(地層処分技術ワーキンググループ)の意見

 「地元に処分場を押し付ける印象を与える」のでは?

 「適性がある」との表現は撤回

 

変更前

 適性の低い地域」として提示を考えていた火山や活断層の周辺、隆起や浸食などがある地域

 適性のある地域

 「より適性の高い地域」(高レベル放射性廃棄物を受け入れるのに便利な海岸から約20キロ以内)

  ↓

今年変更する文言案は、更に判りづらくなり、内容を曖昧化

 「好ましくない特性があると推定する地域

 「輸送面でも好ましい地域」

 好ましい特性が確認できる可能性が相対的に高い地域

f:id:emikamassion:20170418131824j:plain

 

www.chisou-sympo.jp

開場・受付 13:00 開会13:30 閉会16:00(予定)

資源エネルギー庁・NUMO等からの報告
 ・科学的特性マップの検討状況
 ・これまでの対話活動の振り返り ほか
■専門家を交えたパネルディスカッション
■参加者との意見交換・質疑応答

開催日2017年5月27日(土)

開催時間開場・受付13:00 開会13:30 閉会16:00(予定)

会場ロイトン札幌 2階 リージェントホール 〔地図〕 札幌市中央区北1条西11丁目 地下鉄東西線「西11丁目」駅より徒歩約3分

定員200名(先着) ※定員になり次第、締め切ります。

申込締切5月24日(水) プログラム

資源エネルギー庁・NUMO等からの報告
・科学的特性マップの検討状況
・これまでの対話活動の振り返り ほか
■専門家を交えたパネルディスカッション
■参加者との意見交換・質疑応答

主催:経済産業省資源エネルギー庁原子力発電環境整備機構(NUMO)
後援:日本経済団体連合会日本商工会議所全国商工会連合会日本原子力学会、国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構
電気事業連合会北海道電力株式会社 ほか

 

今年は科学的有望地や核ごみ最終処分地選定について

NUMOや経産省がどのような説明を行うでしょうか。注意深く聴きましょう。