読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

8月29日の審査会資料の該当箇所

三陸の海・岩手の会 の永田文夫先生からの情報
 
日本原燃は再処理工場の各建屋の機器について放射線分解水素爆発濃度制限時間についてそれまで35時間から7時間としました。
これについて7月の私たちの追及もあり、規制庁の審査会を乗り切ることは難しいと判断したようで8月29日の審査会へは各建屋で対策をとることにより24時間と制限時間を延長して資料を提出してきました。
今回の原燃回答はこのことを踏まえたものになっています。
このように原燃の対応は二転三転し混乱しています。 
 

f:id:emikamassion:20160917144817j:plain

8月29日の審査会資料の該当箇所
 
9月1日に追加した日本原燃への質問では水素爆発濃度について追及したところ
見積もりの閾値を甘く見積もっていることが気になりました。
一方、規制委員会は、各建屋で対策をとることよう示し、24時間と制限時間を延長しています。
 
以上