読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

後志地区の通行止め記録

23年ぶりの台風直撃により昨夜は北海道全域に被害の影響がありました。

北海道電力によると5640件の停電があったとのことです。

東北海道エリアでは川の氾濫による床下浸水、JR路線の不通、道路の寸断などがありましたが、ほかの地域でも同様の被害が多く報告されているでしょう。

以下に泊原発周辺で暴雨などにより過去にあった事例を記載します。

 

K氏からの情報
2010年7月29日の豪雨で道道998号の橋が決壊し通行止めになった。
http://www.jiti.co.jp/graph/page1009/0930c/index.htm
(建設グラフ2010年9月号)

同時に国道229号でも甚大な土砂災害が発生し、積丹半島から岩内・寿都・島牧に至る大部分が通行止めになっていた。
http://thesis.ceri.go.jp/…/giken/h22giken/JiyuRonbun/AA2.pdf
(小樽開発建設部 災害時における地方自治体との情報共有のあり方について―平成22年7月29日の大雨災害の課題―)

つまり、今年の3月1日のような冬場の猛吹雪だけでなく、夏場でも原発事故の際、泊原発周辺の避難道路が寸断される恐れがあるということ。