読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

札幌圏でも「泊発電所の安全対策に関する説明会」を! 北電に要請

本日、道内の5つの市民グループの連名で、北海道電力に対し、泊発電所の安全対策に関する説明会を後志周辺だけでなく札幌圏でも開催するよう、要請する文書を提出しました。

f:id:emikamassion:20160428183658j:plain

北海道電力泊発電所の安全対策について、事業者である北海道電力は20市ヶ町村への説明会を開始しましたが、人口が多く、原子力有事の際には避難する当事者となり得る札幌圏の住民に対しても説明されるべきであり、自治体の防災に責任ある北海道として説明会を実施してほしい趣旨。
以下に報告します。

=============================================================

北海道電力株式会社  取締役社長 真弓明彦 殿              2016年4月28日

      

                                「シャット泊」                  

                   泊原発廃炉をめざす会」                    

                                泊原発廃炉をめざす北電株主の会」

                                ベクレルフリー北海道」

                                地方自治を考える市民の会」

 

   

 

私たちは、御社が電力他社に先駆けて「泊発電所の安全対策等についての住民説明会」を後志地方20市町村において、しかも60カ所ときめ細かく開催なされることを高く評価しております。しかしながら、札幌圏では開催なさらないことを極めて遺憾に思っております。

2011311日から発生した東電福島第一原発の大災害では、同原発東海岸に位置していたため、放出された放射性物質の約80%は太平洋側に流れ、陸地に降下した放射性物質は約20%に過ぎなかった、との研究報告があります。泊発電所は西海岸に位置しておりますので、もし万一、泊発電所東電福島第一原発と同程度の事故を起こした場合には、東電福島第一原発事故の少なくとも約4倍の放射性物質が北海道内陸部に降下するものと考えられます。そうなれば札幌圏は、後志地方からの避難者たちを受け入れるどころではなく、住民たち自身が避難を迫られるものと想定されます。従いまして、札幌圏の住民も当事者として、泊発電所の安全対策に深い関心を持っておりますので、泊発電所の安全対策等についての説明会を是非とも札幌圏でも開催していただくよう強く要請致します。

以上

f:id:emikamassion:20160428183309j:plain