読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

becquerelfree’s blog

NO NUKES,ONE LOVE

経産省「地層処分技術に関連する専門家の意見を募集」

 
経産省 地層処分技術に関連する専門家の意見を募集する、としています。
 
高い専門性、ということなのですから 地層研究グループにご相談するしかありません。
北海道では、この分野にお詳しい小野有五先生(泊原発廃炉をめざす会共同代表)の出番と感じます。
昨年、いくつかのシンポジウムやフォーラムに参加しましたところ、核ゴミの深地層処分に肯定的な学者がJAEAやNUMO側に立ったご意見を底支えするようなご講演内容をされることが多かったように思います。
一方、小野先生や土井和己さんの説は日本全土における核ごみの地層処分については懐疑的です。偏った論だけを採用することなく、寄せられた国民や専門家の意見をワーキンググループや今後の方針、更に進んで法改正に反映させていただきたいものです。
 
日本はいちどきにあらゆる負の問題にあたらなければならなくなりました。
英知を結集して解決に導かなければならない大きな問題の中でも、核のゴミ問題は原発再稼働と同様に上位であり、とりわけ広大な土地を持つ北海道に押し付けられやすい、我々道民が臨場感を抱かねばならないことだと感じている方も多いでしょう。
 
少なくとも、海岸線を含む自治体が手を取り、ぐるり北海道を守らなければなりません。
その最初の一歩は、地域にどんなに美味しい話(交付金公共事業)があったとしても、地層に関する文献調査を行わせないということだと思います。少しでもこれが揺れると、第二第三の幌延が道内にまたできてしまい、長年に渡り、その問題で闘い続けなければならない事情を作り出すでしょう。北海道条例を遵守するよう、高橋はるみ知事にお願いしなければなりません。
 
ベクレルフリー北海道